一級塗装技能士 所属グループ COLOR CLARIS

  • 当社が選ばれる理由
  • 業界初 安全保証
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 工事の流れ
  • 特殊技術のご紹介
  • 価格表
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
お問い合わせはこちら
COLOR SIMULATION
カラクリブログ 絶賛更新中です!!
各種SNSで情報発信中 フェイスブック ツイッター ミクシー
COLOR CLARIS(カラークラリス)千葉県千葉市花見川区幕張町6-106 TEL/FAX 043-276-1248

工事価格一覧

工事価格一覧

壁の種類

壁の種類

住宅の壁の種類は大きく分類するとこの2種類に分類されます。
その他にもALCパネル(発泡コンクリート)や木壁等があります。
サイディング壁ですとボードの繋ぎ目を埋めているコーキングという部分が劣化するので
塗装前に処理が必要になります。サイディングには窯業系、金属製と種類があります。
壁の素材ごとに下塗り材や下地処理が大きく異なってきます。

塗料のご紹介/平均価格

ウレタン塗装
性力がありヒビが入りづらく光沢と塗膜に厚みをつけやすい塗料です。
コストパフォーマンスにも優れています。
シリコン塗装
一般的に壁材に選ばれる事の多い塗料です。
ウレタン以上の弾性力、紫外線から壁を守る効果も持ち合わせています。
塗料の持つステータス、コストの両面から考えると最もオススメの塗料です。
フッ素塗装
ずば抜けた耐久性、防汚染効果を持つハイブリット塗料です。
その高い性質から商業ビル、大型建造物にも多く使用されています。
コストは掛かりますが、それに見合ったステータスを兼ね揃えています。
UVクリア塗装
名前の通り透明な塗料です。
塗装前のサイディングの柄や色を残したままキレイな壁を維持したいという方にピッタリな塗料です。
紫外線を軽減し、防汚染効果もあるので新築の様な壁をいつまでも維持することができます。
TOPへ戻る

屋根の種類

屋根の種類

塗装できる屋根の種類は大きく分類するとこの3種類に分類されます。
最も多く見られるのがコロニアルです。
セメント系の瓦はモニエル瓦、スカンジア瓦等細かく種類が存在します。
瓦棒葺き、鉄板の屋根は他と比べ塗膜の耐久性が悪いのでコロニアル、
セメント瓦が10年とすると5年から7年での再塗装が必要です。

塗料のご紹介/平均価格

屋根シリコン塗装
一般的に選ばれる事の多い塗料です。
防カビ、防藻、酸性雨から屋根材を保護する効果もあります。
屋根遮熱シリコン塗装
屋根シリコン塗料に遮熱効果が付加された物です。
太陽熱を逃がすことで屋内の温度を下げる事ができます。
さらに熱が屋根材に与えるダメージを軽減できるため耐久年数も長くなります。

溶剤と水性の違い

水を混ぜて溶かすものを水性、シンナーで溶かすものを溶剤といいます。
どちらが良いのか?という質問が非常に多いですが、同じ樹脂系塗料であれば溶剤系のほうが耐久性は上です。
水性系もひとつグレードを上げれば、ほぼ同じ耐久性になるとお考え下さい。

耐久性で勝るのは溶剤ですが、溶剤を使用するとシンナーの臭気でご近所に迷惑が掛かる事もございます。
環境問題という視点からも考えますと残った塗料の廃棄場所の問題が指摘されています。

最近では各塗料メーカーも溶剤に劣らない水系塗料の開発に力を入れるようになっております。
どちらを選ぶかはコスト、近隣の状況、お客様自身の考え方等を含めケースバイケースなので
現場調査の際に最適な選択をアドバイス致します!

TOPへ戻る